スポンサードリンク

口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスが不運にも再発してしまったら、
どうしたらいいのでしょうか?

とにかく一番いい方法は、すこしでも早く治療を開始することです。
私の経験上でも、それは早ければ早いほど効果的です。

口唇ヘルペスは、何度か再発を繰り返している人なら、
発症の初期状態で気づくことが出来るはずです。

唇やそのまわりにピリピリした感じや、チクチクなどの
口唇ヘルペス独特の違和感をおぼえたら、
とにかくすぐに病院に行くことです。

薬局などでも塗り薬などは売っていますが、
出来る限り軽い症状で抑えたいなら、
やはり病院で処方してもらった内服薬の方が効果が高いです。

私も以前はいちいち病院に行くのがめんどくさいのと、
なんとなく恥ずかしいので薬局で買った塗り薬を使っていましたが、
病院で出してもらった薬の効果を実感してからは、
すぐに病院へ行くようになりました。

本当にその方があとあと楽ですから。

もちろん塗り薬も手元に置いておけば、
「来た!」と思った瞬間に利用できますから、
ウイルスの増殖を早期に抑えることができるので、
それもあった方がいいでしょう。

私の場合、とにかく患部が赤く腫れる前、
なんとなく赤っぽいかな?という段階で処置を始めれば、
かなりの確立で水ほうになる前に症状をおさえることが出来ます。

これが患部が赤く腫れてきてしまうと、
あの醜い水ほうが姿を現し、人と話していると
相手は自分の口元ばかり見て話をしてくる現実が待っています。

しかし、なかなか「アッ!」と思っても病院に行けないことも多いですよね。
そこで私の場合は、前回の口唇ヘルペスで処方してもらった薬が残っていたら、
常にそれを携帯しているんです。
そして少しでも口唇ヘルペスの前兆が出てきたら、
すぐに薬を服用しています。

おかげで最近は口唇ヘルペスが再発しても、
あの醜い水ほうとはお目にかからずにすんでいます。

本当はなんでもないときに薬がもらえればいいのですが、
難しい保険の問題もからみ、基本的に症状のない時には
病院ではお薬を出してくれません。

そこで、口唇ヘルペスの症状が治まってきたら、
薬を飲むのをやめて残りを取っておくようにしたり、
多めに薬をもらっておくようにしています。

薬がどれくらいもつものなのかは、
保管状態によっても変わるでしょうけど、
お医者さんによるとおおよそ一年ぐらいは大丈夫だろうとのことです。

いづれにせよ、口唇ヘルペスの再発した時のための準備をしておくだけで、
再発に対する悩みはかなり軽減されますよ。

是非、自分なりの再発予防法や再発した時の準備を整えておいて、
口唇ヘルペスで悩むより、自分の体調管理のバロメーターとして
使えるようにして下さいね。


posted by kokoroyutaka at 22:49 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペスの再発予防 その2

口唇ヘルペスの再発のきっかけには、
紫外線の影響というのがあります。

私の再発の場合もこのケースがよく当てはまるのですが、
紫外線は皮ふにダメージを与え、口唇ヘルペスを
再発させてしまうことがあります。

この紫外線による再発を予防するためには、
太陽が出ている時には外に出ないことです。

というわけにはいかないので、太陽の日差しが最も強い時間帯である
午前10時〜午後3時頃に日に当たることを
できるだけ避けるようにしましょう。
また、長い時間紫外線に当たらないようにすることも大切です。

しかし、日常生活ではそうも言ってられないこともあるでしょう。
そんな時は、紫外線から肌を守るための日焼け止めクリームや、
薬用リップクリームを利用する方法もあります。

また、帽子を被るなどして顔や口などに
直射日光が当たるのを防ぐのも効果的です。

ただ、夏のレジャーで海やプールに行くと
水面からの紫外線の反射や、
冬でも雪が積もっていると太陽光線が反射するので注意が必要です。

あと、自分の口唇ヘルペスの再発しやすいケースを
知っておくのも重要です。

人によって再発するパターンがあるようなので、
何度か再発を繰り返すなかで、
どんな条件の時に再発しやすいかを知っておくだけで、
再発に対しての対処が出来るはずです。

例えば風邪や発熱時、疲労がたまっている時、
ストレスがかかっている時、太陽に長い時間あたった時、
唇にケガをした時、女性であれは月経の時など、
自分の再発パターンをつかんでおきましょう。

また、1つの条件だけでなく2つ以上が重なった時に、
口唇ヘルペスが再発しやすいということもあるかもしれません。

自分の再発パターンを知って、
そのような条件になることを出来るだけ避けたり、
口唇ヘルペスが暴れだすかもしれないと、
ちょっと頭に置いておくだけで再発の初期状態にすぐに気づき、
早く治療を開始をできれば、それだけ症状を
軽くすませることができますよ。

posted by kokoroyutaka at 20:01 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの再発予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペスの再発予防 その1

口唇ヘルペスのしつこい再発を防ぐ方法に、
残念ながら今のところ画期的な方法はありません。
というのが、現代医学の現状だそうです。

正直、これを最初に聞いた時はガックリでした。

しかし、そうはいってもヘルペスとの上手な付き合い方を知らなければ、
相手のおもうツボです。

もしかしたら再発頻度や症状の軽減が出来るかもしれないので、
もう一度しっかり確認しておきましょう。

まず再発防止の1つ目は、なんといっても健康管理です!

「うーん、地味」と思った人も多いと思いますが、
口唇ヘルペスのストーカー行為から身を守るためには、
抵抗力のある丈夫な体をつくることが一番大切なことなのです。


そのためには、食事のバランスに気をつけてしっかり栄養をとること、
そして日頃から適度な運動をして基礎体力を高めておくことです。
また、十分な休息や睡眠をとることも必要です。

この栄養・運動・睡眠が崩れてしまうと、
体の免疫システムが低下してしまい、
それまでじっと出番を伺っていた単純ヘルペスウイルスが
再び暴れだす条件を整えてしまう恐れがあります。

なので、栄養・運動・睡眠を十分にとって、
抵抗力のある丈夫な体をつくりましょう。

どこかでも聞いたような内容で、画期的な再発防止法ではありませんが、
よく考えてみればこれは口唇ヘルペスでなくても、
多くの病気に通じる最強の予防法なのかもしれませんね。

交通事故を防ぐには「信号を守ること」だ大切です。
もし、黄色や赤信号で直進すれば大きなケガや、
命を落とす危険性もあります。

口唇ヘルペスが再発したということは、
体が黄色信号を出していると考え、
さまざまな病気を防ぐための信号になってくれるかもしれません。

忙しい現代社会は、とかく自分の体調を後回しにしてしまいがちですが、
口唇ヘルペスの信号をうまく利用して、
ちょっと普段の生活を見直してみるくらいの
気持ちのゆとりを持つことも必要なことかもしれませんね。


posted by kokoroyutaka at 21:44 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの再発予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。