スポンサードリンク

免疫力に対する男女の違い

口唇ヘルペスの再発を予防するためには、免疫力の低下を
防がなくてはなりませんが、男性の場合はストレス、
そして女性の場合には冷えによって免疫力の低下が引き
起こされやすいのです。

男性の場合には、ストレスが強くなると交感神経が優位になり、
病気になる人が多く見られるようです。

というのも、男性は組織の中で働くことが女性に比べて多い
ので、仕事上でのストレスが強く影響しているようです。

これに対して女性の場合には、冷えが免疫力の低下に大きく
影響しているようです。

一般的に、男性に比べて女性の体には脂肪が多く、脂肪の中を
通っている血管は細くできています。

このことは、組織に血液が流れにくいことを意味し、血液の
流が悪いために、交感神経が優位になって病気になりやすい
というわけです。

また、この冷えというものは、自律神経とも深い関係があり、
交感神経や副交感神経が優位な人は、体温が36度以下のような
低体温の人に多く見られることがわかってきました。

このように、女性が体を冷やすことはよくないということは、
免疫力という観点からも証明されているわけです。

気温が下がるこれからの季節は、いかに体を冷やさないように
気をつけるかが、免疫力を低下させないための方法といって
良いでしょう。

また、この時期に免疫力を低下させるということは、風邪や
インフルエンザに対しても、かかりやすい状況を作るという
ことのなるので、口唇ヘルペスの再発には、もってこいの環境が
整うわけです。

そうならないためにも、特に男性はストレスに気をつけ、
女性は冷えに注意することが大切です。
posted by kokoroyutaka at 09:00 | Comment(0) | ビタミンと免疫力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペス再発治療薬

口唇ヘルペスの再発を防ぐには、この季節は特に風邪に気を
つけなければいけません。

わかってはいたのですが、どこからか風邪をもらってしまい
ました。

「まずい!」と思ってのですが、すでに発熱・・・

その後やはり唇のいつもの場所にピリピリ感があり、見事に
口唇ヘルペスの再発のきざしが現れました。

ところが運悪く気がついた時は土曜日の午後、そうなんです
皮膚科はすでに終了してしまっていたのです。

しかも以前病院からもらっていた内服薬は、すでに使い
果たしていたのです。

しかし、このまま週明けまで我慢していては、確実に
口唇ヘルペスは進行し、人前に出るのがイヤになって
しまします。

仕方なく、最近TVでもよくやっている市販薬の塗り薬を
買いに行きました。

医療用の抗ウイルス薬アシクロビルを配合した
「ヘルペシア軟膏」。

これはヘルペスウイルスの増殖を抑制し、再発した
口唇ヘルペスを治療するための抗ウイルス薬です。

この薬はこれまで医療用医薬品に限って使用されていた
有効成分、つまりお医者さんの処方がなければ購入でき
なかったものを、薬局などで購入できる一般用医薬品に
スイッチした医薬品です。

口唇ヘルペスの再発には、やはり病院で出してもらえる
内服薬が一番即効性がありますが、今回のような時に
この薬は助かりますよ。

おかげであまりひどい水ぶくれにならずに症状を抑える
ことが出来ました。

ただ、この薬はあくまでも口唇ヘルペス再発治療薬なので、
過去にお医者さんに口唇ヘルペスの診断や治療を受けた人
に使用が限られます。

とくに初めて口唇ヘルペスになった場合には、症状が
重くなるケースも多いので、かならず病院で診察を受けて
くださいね。

それにしても口唇ヘルペス再発防止は、健康でありことが
一番です。

みなさんも風邪には充分気をつけてください。
posted by kokoroyutaka at 13:40 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免疫力とアルコール

口唇ヘルペスは、初感染後ウイルスが神経節にひそみ、
何らかのキッカケにより再びウイルスが暴れだし再発を
繰り返します。

これからの季節は、特に風邪や疲労、お酒を飲む人などでは
アルコールなどによる免疫機能の低下が口唇ヘルペスの再発
の誘因になります。

アルコールを分解し解毒する働きをしてくれる肝臓ですが、
その他にも体の外から摂り入れたビタミンを貯蔵したり、
体内で利用しやすくしてくれる仕事もしてくれているのです。

しかし、肝臓病などにより肝臓の機能が低下してくれば、
ビタミンの貯蔵能力も低下してしまいます。

そうなると体はビタミン不足になってしまうし、ビタミンを
体内で利用しやすくする活性化の能力も落ちてしまいます。

また肝臓病でない場合でも、ある程度の量のアルコールを
飲むことによって、ビタミンの消費が高まったり、ビタミンを
活性化する能力が落ちてしまいますので、肝臓の代謝作用や
解毒作用を助けるビタミンB群を多く取る必要があります。

こうしたビタミン不足は、からだの免疫力を低下させることに
つながるので、アルコールをよく飲まれる人は、特に注意が
必要です。

忘年会シーズンで直接肝臓や、肉体的にも疲労させるこの時期、
特にお酒を飲む人などは、口唇ヘルペスの再発予防のためにも、
できるだけビタミンB類を多く摂るようにしましょう。

ただ、本当はお酒を飲むのを、ほどほどにしておくというのが
一番いいのですが・・・。
posted by kokoroyutaka at 16:15 | Comment(1) | ビタミンと免疫力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。