スポンサードリンク

口唇ヘルペスの再発とスイッチOTC薬

口唇ヘルペスのスイッチOTC薬として市販されているものには、
大正製薬の「ヘルペシア軟膏」と、グラクソ・スミスクライン
<GSK>の「アクチビア軟膏」があります。

このスイッチOTC薬というのは、「Over The Counter」
の略で、それまでは医師の処方箋がないと使用できなかった
医薬品を、薬局で買えるようにしたものです。

「Over The Counter」という言葉からわかるように、
街の薬局のカウンター越しに売られる市販薬ということで、
医療薬から市販薬(OTC)にスイッチされたという意味から
「スイッチOTC」と呼ばれています。

この「口唇ヘルペスの再発」用のスイッチOTC薬は、
抗ヘルペス成分のアシクロビルが配合されている一般用
医薬品です。

この薬が市販薬として販売されるようになったのは、
まだ最近で2007年10月です。

それまでは、口唇ヘルペスが再発した場合には、病院に
行かないと抗ヘルペス成分が配合された薬が手に入れられ
なかったのですから、口唇ヘルペスの再発に悩む人たちに
とっては、嬉しいかぎりです。

アシクロビルは、抗ウイルス成分として世界100か国以上
で使用されているようで、日本では医療用医薬品として、
ゾビラックス軟膏5%(一般名アシクロビル軟膏)が出されて
いのですが、このスイッチOTC薬もアシクロビルを5%配合
しているようです。

この薬がスイッチOTC薬として許可されたのは、口唇ヘルペス
の再発の場合、比較的症状が軽いのと、再発の兆候として
ピリピリ感やチクチク感を認識できる、自己判断ができる
ということからで、初感染の場合は、重症になるケース
もあり、自己判断はできないため医師の診断が必要と
なっています。

posted by kokoroyutaka at 14:04 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペスの内服薬

口唇ヘルペスは、再発したらすぐに治療をすることが、
疱疹をひどくしないためのポイントですが、口唇ヘルペスが
再発した時、病院で処方してもらっているのは、
「バルトレックス」という内服薬です。

塗り薬もありますが、とにかく「口唇ヘルペスが再発した!」
と思ったらすぐにこの薬を飲めば、最近はほとんどひどく
ならないうちに、治まってくれるようになりました。

口唇ヘルペスは、再発を繰り返しながら、幾分症状が弱く
なってくるようです。

この 「バルトレックス」という錠剤の薬は、水痘や帯状疱疹、
単純疱疹治療の抗ウイルス薬で、主成分はバラシクロビル塩酸塩
というものです。

この薬は、飲むとすぐに活性物質に変換されて、ウイルス感染した
細胞に取り込まれ、ウイルスのDNA複製ができないようにして、
抗ウイルス作用を発揮するものです。

また、症状が出て早く服用すればするほど、その効果は高いと
いわれていて、単純疱疹や帯状疱疹の他にも、水痘や性器ヘルペス
の再発抑制などにもにも使用されています。

副作用としては、発疹やかゆみ、下痢、頭痛などがある場合が
あるようですが、まれに腎機能が低下している人に急性腎不全や
ショックなどの重い副作用や、他に服用している薬がある場合、
排泄障害をおこしたりすることもあるので、高齢者や妊婦の方
などは充分注意が必要なようです。

この薬は市販薬ではないので、病院で医師の指導のもとで服用
することになります。

posted by kokoroyutaka at 10:00 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペス再発治療薬

口唇ヘルペスの再発を防ぐには、この季節は特に風邪に気を
つけなければいけません。

わかってはいたのですが、どこからか風邪をもらってしまい
ました。

「まずい!」と思ってのですが、すでに発熱・・・

その後やはり唇のいつもの場所にピリピリ感があり、見事に
口唇ヘルペスの再発のきざしが現れました。

ところが運悪く気がついた時は土曜日の午後、そうなんです
皮膚科はすでに終了してしまっていたのです。

しかも以前病院からもらっていた内服薬は、すでに使い
果たしていたのです。

しかし、このまま週明けまで我慢していては、確実に
口唇ヘルペスは進行し、人前に出るのがイヤになって
しまします。

仕方なく、最近TVでもよくやっている市販薬の塗り薬を
買いに行きました。

医療用の抗ウイルス薬アシクロビルを配合した
「ヘルペシア軟膏」。

これはヘルペスウイルスの増殖を抑制し、再発した
口唇ヘルペスを治療するための抗ウイルス薬です。

この薬はこれまで医療用医薬品に限って使用されていた
有効成分、つまりお医者さんの処方がなければ購入でき
なかったものを、薬局などで購入できる一般用医薬品に
スイッチした医薬品です。

口唇ヘルペスの再発には、やはり病院で出してもらえる
内服薬が一番即効性がありますが、今回のような時に
この薬は助かりますよ。

おかげであまりひどい水ぶくれにならずに症状を抑える
ことが出来ました。

ただ、この薬はあくまでも口唇ヘルペス再発治療薬なので、
過去にお医者さんに口唇ヘルペスの診断や治療を受けた人
に使用が限られます。

とくに初めて口唇ヘルペスになった場合には、症状が
重くなるケースも多いので、かならず病院で診察を受けて
くださいね。

それにしても口唇ヘルペス再発防止は、健康でありことが
一番です。

みなさんも風邪には充分気をつけてください。
posted by kokoroyutaka at 13:40 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペスの薬

口唇ヘルペスは、ウイルス感染により発症しますが、
酷くなると唇や口の周りに水疱ができるので、
人の目が気になる嫌な病気でもあります。

また口唇ヘルペスは、1度感染すると、
今のところ完治はしませんので、
何度も再発を繰り返すことになる
面倒な病気です。

口唇ヘルペスは、ウイルスによる疾患なので、
抗ウイルス剤での治療が必要です。

抗ウイルス剤は、内服薬が効果的ですが、
再発の場合で症状が軽い場合には、
外用剤での効果も期待できます。

ただ、口唇ヘルペスに大人になってから
初感染した場合には、症状が重くなることが
多いので、必ず病院で診てもらうことを
オススメします。

また再発した場合に、すぐに治療をすることが
最も効果的なのですが、
仕事などをしている場合には、
すぐ病院に行くことが出来ない場合があります。

そんな時には、今では抗ウイルス剤の
外用剤も市販されていますので、
うまく利用してみてはどうでしょうか?

もちろん、内服の抗ウイルス剤の方が効果は高く、
発症から4日以内であれば比較的症状が進行せずに
抑えられます。

薬局などで市販されている抗ウイルス剤の外用剤は、
大正製薬では「ヘルペシア軟膏」、
GSK(グラクソスミスクライン)では「アクチビア軟膏」
という名前で販売されています。

また、再発をできるだけ抑えたい場合には、
抑制療法というのがあるそうです。

これは、毎日少量の抗ウイルス剤を飲むことで、
毎月のように発症する人であれば、
半年に1度程度ですむようになるそうですよ。

ただ問題としては、性器ヘルペスの場合は
保険適用になるのですが、口唇ヘルペスでは
保険適用されないので、薬代が高くつきます。

ですから、この方法は再発頻度が非常に高い場合に、
お財布とにらめっこしながら、
お医者様に相談する方がいいかもしれませんね。

その場合は、どこの皮膚科でも対応してくれるそうです。
posted by kokoroyutaka at 16:27 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペスの治療薬

口唇ヘルペスの治療には、 抗ウイルス薬が使われます。
この抗ウイルス薬というのは、ウイルス感染症に用いる治療薬の総称です。

代表的なものには、一般ヘルペスウイルス治療薬や
インフルエンザウイルス治療薬、HIV治療薬などがあります。

最近話題になったものでは、インフルエンザ治療薬のタミフル
(リン酸オセルタミビル)がありますね。
内服後の異常行動で死亡事故があったので、
記憶にある方も多いのではないでしょうか?

なんか怖いと思った方もいるかもしれませんが、
この抗ウイルス薬は病気によって原因となるウイルスが異なるため、
それぞれのウイルスに有効な抗ウイルス薬を処方されます。

なので口唇ヘルペスに使用される抗ウイルス薬はタミフルではありません。
このようなウイルスによる感染症は数多くあるようなのですが、
残念ながら抗ウイルス薬がないものも多いのです。

口唇ヘルペスの抗ウイルス薬は大きく分けて外用薬(軟膏)と内服薬、
点滴の3種類があるそうです。

外用薬はヘルペスの症状がそれ以上広がらないようにするもので、
比較的軽症の口唇ヘルペスに有効のようです。

これに対して内服薬というのは皮膚症状を抑えるだけでなく、
神経細胞内のウイルスの増殖を抑える効果もあるそうです。

内服薬は口唇ヘルペスの予兆が出た段階で服用すると、
それだけ回復が早くなり、神経節に戻るウイルス量も減るので再発しにくくなるそうです。

また点滴しなければならない人は少ないかもしれませんが、
アトピー性皮膚炎を持っている方が
カポジ水痘様発疹症を合併した場合や、
初感染で症状が重症化している場合、
また免疫不全の基礎疾患がある場合などは、
点滴での治療を受ける必要があるそうです。
posted by kokoroyutaka at 13:31 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスが不運にも再発してしまったら、
どうしたらいいのでしょうか?

とにかく一番いい方法は、すこしでも早く治療を開始することです。
私の経験上でも、それは早ければ早いほど効果的です。

口唇ヘルペスは、何度か再発を繰り返している人なら、
発症の初期状態で気づくことが出来るはずです。

唇やそのまわりにピリピリした感じや、チクチクなどの
口唇ヘルペス独特の違和感をおぼえたら、
とにかくすぐに病院に行くことです。

薬局などでも塗り薬などは売っていますが、
出来る限り軽い症状で抑えたいなら、
やはり病院で処方してもらった内服薬の方が効果が高いです。

私も以前はいちいち病院に行くのがめんどくさいのと、
なんとなく恥ずかしいので薬局で買った塗り薬を使っていましたが、
病院で出してもらった薬の効果を実感してからは、
すぐに病院へ行くようになりました。

本当にその方があとあと楽ですから。

もちろん塗り薬も手元に置いておけば、
「来た!」と思った瞬間に利用できますから、
ウイルスの増殖を早期に抑えることができるので、
それもあった方がいいでしょう。

私の場合、とにかく患部が赤く腫れる前、
なんとなく赤っぽいかな?という段階で処置を始めれば、
かなりの確立で水ほうになる前に症状をおさえることが出来ます。

これが患部が赤く腫れてきてしまうと、
あの醜い水ほうが姿を現し、人と話していると
相手は自分の口元ばかり見て話をしてくる現実が待っています。

しかし、なかなか「アッ!」と思っても病院に行けないことも多いですよね。
そこで私の場合は、前回の口唇ヘルペスで処方してもらった薬が残っていたら、
常にそれを携帯しているんです。
そして少しでも口唇ヘルペスの前兆が出てきたら、
すぐに薬を服用しています。

おかげで最近は口唇ヘルペスが再発しても、
あの醜い水ほうとはお目にかからずにすんでいます。

本当はなんでもないときに薬がもらえればいいのですが、
難しい保険の問題もからみ、基本的に症状のない時には
病院ではお薬を出してくれません。

そこで、口唇ヘルペスの症状が治まってきたら、
薬を飲むのをやめて残りを取っておくようにしたり、
多めに薬をもらっておくようにしています。

薬がどれくらいもつものなのかは、
保管状態によっても変わるでしょうけど、
お医者さんによるとおおよそ一年ぐらいは大丈夫だろうとのことです。

いづれにせよ、口唇ヘルペスの再発した時のための準備をしておくだけで、
再発に対する悩みはかなり軽減されますよ。

是非、自分なりの再発予防法や再発した時の準備を整えておいて、
口唇ヘルペスで悩むより、自分の体調管理のバロメーターとして
使えるようにして下さいね。


posted by kokoroyutaka at 22:49 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。