スポンサードリンク

口唇ヘルペスの内服薬

口唇ヘルペスは、再発したらすぐに治療をすることが、
疱疹をひどくしないためのポイントですが、口唇ヘルペスが
再発した時、病院で処方してもらっているのは、
「バルトレックス」という内服薬です。

塗り薬もありますが、とにかく「口唇ヘルペスが再発した!」
と思ったらすぐにこの薬を飲めば、最近はほとんどひどく
ならないうちに、治まってくれるようになりました。

口唇ヘルペスは、再発を繰り返しながら、幾分症状が弱く
なってくるようです。

この 「バルトレックス」という錠剤の薬は、水痘や帯状疱疹、
単純疱疹治療の抗ウイルス薬で、主成分はバラシクロビル塩酸塩
というものです。

この薬は、飲むとすぐに活性物質に変換されて、ウイルス感染した
細胞に取り込まれ、ウイルスのDNA複製ができないようにして、
抗ウイルス作用を発揮するものです。

また、症状が出て早く服用すればするほど、その効果は高いと
いわれていて、単純疱疹や帯状疱疹の他にも、水痘や性器ヘルペス
の再発抑制などにもにも使用されています。

副作用としては、発疹やかゆみ、下痢、頭痛などがある場合が
あるようですが、まれに腎機能が低下している人に急性腎不全や
ショックなどの重い副作用や、他に服用している薬がある場合、
排泄障害をおこしたりすることもあるので、高齢者や妊婦の方
などは充分注意が必要なようです。

この薬は市販薬ではないので、病院で医師の指導のもとで服用
することになります。

posted by kokoroyutaka at 10:00 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。