スポンサードリンク

免疫力とアルコール

口唇ヘルペスは、初感染後ウイルスが神経節にひそみ、
何らかのキッカケにより再びウイルスが暴れだし再発を
繰り返します。

これからの季節は、特に風邪や疲労、お酒を飲む人などでは
アルコールなどによる免疫機能の低下が口唇ヘルペスの再発
の誘因になります。

アルコールを分解し解毒する働きをしてくれる肝臓ですが、
その他にも体の外から摂り入れたビタミンを貯蔵したり、
体内で利用しやすくしてくれる仕事もしてくれているのです。

しかし、肝臓病などにより肝臓の機能が低下してくれば、
ビタミンの貯蔵能力も低下してしまいます。

そうなると体はビタミン不足になってしまうし、ビタミンを
体内で利用しやすくする活性化の能力も落ちてしまいます。

また肝臓病でない場合でも、ある程度の量のアルコールを
飲むことによって、ビタミンの消費が高まったり、ビタミンを
活性化する能力が落ちてしまいますので、肝臓の代謝作用や
解毒作用を助けるビタミンB群を多く取る必要があります。

こうしたビタミン不足は、からだの免疫力を低下させることに
つながるので、アルコールをよく飲まれる人は、特に注意が
必要です。

忘年会シーズンで直接肝臓や、肉体的にも疲労させるこの時期、
特にお酒を飲む人などは、口唇ヘルペスの再発予防のためにも、
できるだけビタミンB類を多く摂るようにしましょう。

ただ、本当はお酒を飲むのを、ほどほどにしておくというのが
一番いいのですが・・・。
posted by kokoroyutaka at 16:15 | Comment(1) | ビタミンと免疫力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは直接肝臓と忘年会シーズンで右される、この時間肉体的にも疲労は、人々は、再発性口唇ヘルペスの予防のためのアルコールと、特にも飲む
Posted by ワソラン  at 2011年05月11日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。