スポンサードリンク

帯状疱疹の症状と原因

帯状疱疹は、子供の頃にかかった水疱瘡の原因となる
水痘・帯状疱疹ウイルスが、知覚神経の神経節に
入り込み潜伏し、その後なにかの原因で再び暴れだして
発症するものです。

帯状疱疹は、体の左右どちらかに帯のような水ぶくれが
並んでできるので、比較的他の病気との区別が
つきやすい病気です。

痛みはさまざまなようですが、一般的にとても強い痛みを
伴うことが多いようです。

また、発症頻度は男女差はないようですが、
年齢と共に発症頻度は高くなってくる傾向があります。

帯状疱疹は帯状疱疹後神経痛といって、
治療が遅れ症状が重くなった場合や、高齢者などでは、
帯状疱疹の症状が消えた後でも痛みが残ることが
あるようです。

この症状は40〜50歳以上の人に多く見られる
傾向があるので、もし帯状疱疹の症状がでたら
早めに病院に行き治療を始めるようにしましょう。

また、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫が強くなる
子育て中の女性は、帯状疱疹を発症しにくくなるようです。


この水痘・帯状疱疹ウイルスが再活性化し
帯状疱疹を発症する原因は、ストレスや疲労、加齢、
手術や放射線照射などによる免疫機能の低下などが
考えられています。

また、病気による免疫不全疾患から免疫機能が低下し
発症しているケースもありますので、
十分注意が必要です。

この場合の病気では、内臓の悪性腫瘍やエイズなどが
あるので、極端な体重減少や食欲不信などの症状が
ある場合は十分な注意が必要です。

基本的に水痘・帯状疱疹ウイルスが再び暴れだし
帯状疱疹を発症するケースは、
一生に1回ともいわれています。
【帯状疱疹との違いの最新記事】
posted by kokoroyutaka at 16:03 | Comment(0) | 帯状疱疹との違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。