スポンサードリンク

口唇ヘルペスの薬

口唇ヘルペスは、ウイルス感染により発症しますが、
酷くなると唇や口の周りに水疱ができるので、
人の目が気になる嫌な病気でもあります。

また口唇ヘルペスは、1度感染すると、
今のところ完治はしませんので、
何度も再発を繰り返すことになる
面倒な病気です。

口唇ヘルペスは、ウイルスによる疾患なので、
抗ウイルス剤での治療が必要です。

抗ウイルス剤は、内服薬が効果的ですが、
再発の場合で症状が軽い場合には、
外用剤での効果も期待できます。

ただ、口唇ヘルペスに大人になってから
初感染した場合には、症状が重くなることが
多いので、必ず病院で診てもらうことを
オススメします。

また再発した場合に、すぐに治療をすることが
最も効果的なのですが、
仕事などをしている場合には、
すぐ病院に行くことが出来ない場合があります。

そんな時には、今では抗ウイルス剤の
外用剤も市販されていますので、
うまく利用してみてはどうでしょうか?

もちろん、内服の抗ウイルス剤の方が効果は高く、
発症から4日以内であれば比較的症状が進行せずに
抑えられます。

薬局などで市販されている抗ウイルス剤の外用剤は、
大正製薬では「ヘルペシア軟膏」、
GSK(グラクソスミスクライン)では「アクチビア軟膏」
という名前で販売されています。

また、再発をできるだけ抑えたい場合には、
抑制療法というのがあるそうです。

これは、毎日少量の抗ウイルス剤を飲むことで、
毎月のように発症する人であれば、
半年に1度程度ですむようになるそうですよ。

ただ問題としては、性器ヘルペスの場合は
保険適用になるのですが、口唇ヘルペスでは
保険適用されないので、薬代が高くつきます。

ですから、この方法は再発頻度が非常に高い場合に、
お財布とにらめっこしながら、
お医者様に相談する方がいいかもしれませんね。

その場合は、どこの皮膚科でも対応してくれるそうです。
posted by kokoroyutaka at 16:27 | Comment(0) | 口唇ヘルペスの治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。