スポンサードリンク

口唇ヘルペスの感染経路

口唇ヘルペスは10才で40%、
40才で70%の人が感染しているという統計があるように、
実際には多くの人が感染してすでにウイルスを持っています。

しかし、初感染しても90%は無症状で終わと言われていることから、
自分が感染していることに気がついていない人が多いのです。

乳幼児期に母親がヘルペスに感染していた場合は、
すでにこの頃にスキンシップで感染している可能性があります。

ですから、ヘルペス=風俗通いなどという偏見は持たないで下さいね。

しかし、当然パートナーや恋人が口唇ヘルペスに感染している場合に、
性交渉をすれば感染の危険があるので避けるべきです。

また、口唇ヘルペスと性器ヘルペスは、
ウイルスタイプが1型と2型に分かれていて別物ですが、
最近はオーラルセックスなどにより、
混ざっている場合もあるようです。

また、自分の口唇ヘルペスを手でさわったりして
性器にうつしてしまうこともあるようです。

ウイルスがついたタオルなどでもうつることがあるようですので、
ヘルペス症状がある場合は顔拭きタオルを共用することは
避けたほうがいいようです。

ただ、お風呂などからうつることはほとんどないと考えられています。

いづれにせよヘルペスは人との接触によって感染します。
また、感染してもすぐには症状が出ないで、
何年もたってからはじめて症状が出ることがあります。

しかし症状が出ていなくてもウイルスは神経細胞に潜んでいるので、
唾液などにウイルスが出てきていることもあるようです。

その場合、症状がないことから気がつかず
感染させてしまう可能性もあるので厄介な病気と言えます。
posted by kokoroyutaka at 20:08 | Comment(0) | 口唇ヘルペスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。